MFS糖質制限食

ごはんが食べたい、その思いに応えます!

MFS糖質制限食のイメージ

唯一血糖値を上昇させるのが、糖質です。この糖質を、1包装あたり主食込みで40g以下に設計したのがMFS糖質制限食です。
この設計は日本ではMFSが最初です。

米や小麦などの穀物も糖質ですので、普通ならごはんは制限されてしまいます。しかしごはんの糖質をカットすることにより、主食であるごはん付きを可能にしました。

またごはんと同様に糖質をカットした、パスタ商品もあります。

欧米ではカロリー制限に並ぶ食事管理の方法として確立しているこの糖質制限ですが、10年前の日本では、異端視されていました。
しかし2013年あたりから糖質制限は知名度を上げてきました。一部の大学病院でも糖質制限が導入され始めて、日本でもだんだんとメジャーになってきています。

MFS糖質制限食のイメージ

より多くの方にこの糖質制限を知っていただきたいと思い、MFS糖質制限食をお届けしています。

MFS代表の松島自身、10年近く前から糖尿病を患い、糖質制限食を実行しております。そしてその効果が絶大であること、副作用もないことを体験して参りました。ごはんが食べられる幸せも、日々実感しております。

腎臓が健康な方には是非ともお試しいただきたい商品です。

こんな主食や副菜、介護食もございます。