MFSやわらか食

食べて元気になってほしい!

MFSやわらか食のイメージ

やわらか食は実際の介護現場の状況や、食事介助に苦労されている方々の声を元につくられた商品です。

以下の話は、両親の介護に携わった、MFS代表取締役の松島の、実際の体験談になります。

「創業時から、高齢者社会に向けての介護食の必要性を考慮していました。しかし私の母親は病院で食事介助中、看護師さんが他のナースコールで目を離した隙に喉を詰まらせて、1週間後に他界してしまいました。

父親も医師から、何か口から食べると良いのだがと言われましたが、当の医師は何が食べられるかの答えは持ち合わせておりませんでした。結局胃瘻となり、足の切断となって他界しました。

創業当時からお客様から介護の苦労をお聞きし、やわらかい食事は切実なご要望をいただいていました。しかし、自分の両親にも必要なのにもかかわらず、世の中には存在していなかったのです。やわらかい食事があれば、喉を詰まらせることもなく、口から食事することもでき、元気な生活ができていたのではないかと思います。」

また在宅介護の現場では、以下のような現状がありました。

「朝はオムツを替えて、朝食の準備をします。普通の介護食は食べてくれないので食事介助に2-3時間かかります。後片付けをして、昼食の準備をして、また食事介助に2-3時間かかります。
その後オムツ交換して買い出し、夕食の準備をして食事介助に2-3時間、そして入浴介助です。一日中こんなことを繰り返していると、クタクタです。」

「なんとかしてほしい」それが在宅介護をしている切実なお客様の声でした。

MFSやわらか食は、食事の準備、食事介助など食べることについて、介助者には時間と心のゆとりを、食べる人には食べられる幸せをお届けし元気になってほしい、と思っています。

やわらか食の技術と特徴

ごぼうもバナナでつぶれるやわらかさ

やわらか食に使われている技術は、広島県の凍結含浸法という特許技術です。酵素の作用で食物を軟化させる、食事支援食の製造技術です。

発表になった時には、広島県へ300前後の問い合わせが大手企業からもあったそうですが、大量生産技術を確立したのは、現在でも弊社を含めて数社となっています。

やわらか食の特徴は以下になります。

  • 噛む力や飲み込む力が弱くなってきた人でも、食べることができます。
  • 加熱時間が少なく栄養価のロスが小さいので、普通より少ない量でも栄養摂取が可能です。
  • 誤嚥も普通の食事と変わらないくらい少ない上に、腸内細菌の餌となるオリゴ糖により排泄もスムーズです。
  • 見た目も形そのもので食欲がわきますし、食事介助の時間も大きく短縮されます。

高齢になると、食べることと排泄することに問題が出てきます。しかし、食べることは人生最後の楽しみとも言えますし、それは失ってほしくない。やわらか食には「食べて元気になってほしい」という想いが込められています。

こんな主食や副菜、介護食もございます。